【携帯料金値下げ】ついに出揃った2980円プラン!各社の特徴を比較する。

f:id:kuropinblog:20210113135542p:plain

 

どうもクロピンです!

 

auが「povo」を発表し、ついに大手3社(+楽天)の「2980円」プランが出揃いました。

 

と言うわけで、各社の特長と比較をやっていきたいと思います!

 

 

ベースは2980円で20GB+5分通話かけ放題(楽天除く)

基本的に大手3社のプランは全て、20GB+5分通話かけ放題で2980円です。

 

各社、ややこしい割引など一切なしのシンプルなプランになっています。

 

では何が違うのか。

各社の特徴を見ていきましょう。

 

 

ahamo(docomo

ahamoの特徴は海外に強いという点です。

月20GBは、世界82の国と地域でも利用できます。

 

...正直弱いです。笑

 

一番初めに発表したのもあると思いますが、海外に行きまくる人じゃないとその恩恵が受けられないので、少し残念だと思います。

 

 

povo(au

povoは、他社と少し違い、20GB 2480円+5分かけ放題オプション 500円で、2980円となります。

 

電話をほぼかけないユーザーは、5分無料もいらないので、500円お得になります。

 

また、200円で24時間データ使い放題のオプションも用意されています。

 

旅行や出かける時に、wifiがないので今日だけ使い放題にする」と言ったことが可能です。

 

悪い点としては、完全かけ放題オプションの追加料金が高い点です。

 

ドコモ、ソフトバンクは1000円なのに対し、auは1500円と,、500円高くなっています。

 

完全かけ放題を契約したいユーザーにはオススメ出来ません。

 

 

SoftBank on LINE(softbank

SoftBank on LINEの特徴は、LINEギガノーカウントとなっています。

 

月20GBの内、LINEがデータ容量を消費せずに使い放題になります。

※一部例外有

 

これはかなり現代のニーズにあったプランになっていると思います。

 

 

Rakuten Mobile(楽天

こちらは大手3社と違い、データ、通話共に使い放題です。

 

これだけ聞くと、最強に聞こえますが、デメリットはまだエリアが狭い所です。

 

2021年1月現在、かなり広がってきてはいますが、まだauエリアを借りているところも多いです。

auエリア内では月5GBまで

 

また通話をかける場合、専用アプリを使わないとかけ放題になりません

 

着信履歴からそのままかけてしまうと、通話料をとられるので注意が必要です。

 

 

まとめ

今回は簡単に、特徴とデメリットをまとめてみました。

 

各社ほぼ同じ料金、サービスの「携帯料金戦国時代」となってきましたが、少しずつ良い点、悪い点があるのでよく検討して、自分に合ったプランを選んで下さい!