【GoPro hero9】マイクアダプターも収納可能なケース! ulazi G9-4をレビュー。

f:id:kuropinblog:20210107124948j:plain

どうもクロピンです!

 

今回はgopro hero9にオススメのケース「ulanzi G9-4」をレビューしたいと思います!

 

 

 

前回、ulanziの3088というケースを紹介しましたが、そちらは少し高い!と言う方にオススメの製品です。

kuropin.hatenablog.com

 

早速見ていきましょう!

 

開封

 

正面

f:id:kuropinblog:20210107125011j:plain

本体とレンズキャップが入っています。

レンズ部に付いている丸い部分は52㎜のフィルターアダプターになっています。

 

上部

f:id:kuropinblog:20210107125132j:plain

真ん中の突起を動かすと背面が開き、本体を収納出来ます。

 

背面

f:id:kuropinblog:20210107125215j:plain

 

開いた状態。

 

底部

f:id:kuropinblog:20210107125154j:plain

goproの標準マウントと、マイクアダプターの収納スペースがあります。

 

左側面

f:id:kuropinblog:20210107125234j:plain

こちらも突起を押すことで、開きます。

 

f:id:kuropinblog:20210107124849j:plain

開いた状態。

gopro本体のカバーを外して装着する必要がありますが、直接USBを挿して充電できるようになるので、便利です。

※防水性能は無くなります。

 

特徴

52㎜の各種フィルターを取り付け可能

f:id:kuropinblog:20210107125030j:plain

フィルターアダプターはしっかりとネジが切られています。

goproにNDフィルター等を付けたい場合、レンズカバーを交換するタイプの製品がありますが、価格が高いです。

 

G9-4の52㎜フィルターアダプターを使えば、一般的なカメラ用のフィルターを使えるので、経済的です!

 

 

コールドシュー2か所装備

f:id:kuropinblog:20210107125113j:plain

左上の部分に、2個コールドシューがあります。

マイク+ライト等、装着可能です。

 

 

注意点&まとめ

コールドシューの部分は取り外しが出来ますが、ロックが無いので外れやすいです。

激しい撮影の場合注意が必要です。

 

レンズキャップとフィルターアダプターは同時に装着できません

フィルターアダプターを常につけておきたい方は、52㎜のレンズキャップを買うといいかもしれません。

 

素材はプラスチックですがその分軽いです。

作りもしっかりしているので、おすすめの製品です!

<!-- START MoshimoAffiliateEasyLink -->
<script type="text/javascript">
(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;
b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript
||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};
c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,
d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})
(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");
msmaflink({"n":"Ulanzi G9-4 Gopro9 保護ケース Gopro Hero 9 用 52mmフィルターアダプター付き Type-c充電口を用意され 3.5mmマイクアダプターホルダー","b":"Ulanzi Official","t":"G9-4","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/41toA2B9agL.jpg","\/51sxV2eC+bL.jpg","\/51NU8793O0L.jpg","\/41tXZdroTiL.jpg","\/41x8jL2bqRL.jpg","\/41kg8kVIc8L.jpg","\/41zOlkSufHL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B08JC84VLY","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"2235604","rakuten":"2229104","yahoo":"2235606"},"eid":"WBKQY","s":"s"});
</script>
<div id="msmaflink-WBKQY">リンク</div>
<!-- MoshimoAffiliateEasyLink END -->

【GoPro hero9】hero9オススメのケースを発見! smallrig 3088 3044

f:id:kuropinblog:20210121153225j:plain

どうもkuropinです!

 

今回はGoPro hero9にオススメのケースを見つけたので紹介したいと思います!

 

smallrig GoPro hero9 Vlog撮影キット 3088

 

smallrigより発売された、「smallrig GoPro hero9 Vlog撮影キット 3088」です。

 

ケースと言うよりケージといった感じですが、非常に優れた製品ですので、詳しく見ていきましょう!

 

 

 

内容物

f:id:kuropinblog:20210121142201j:plain

内容物は、ケース本体Pro 3..5mm マイクアダプターマウント

マウント用ネジ六角レンチ二本となっています。

 

 

外観と特徴

素材は、アルマイト処理されたアルミ合金と、ステンレス鋼で出来ています。

しっかり作られているので、約115gと少し重いです。(;´∀`)

 

前面

f:id:kuropinblog:20210121142012j:plain

「GoPro hero9 BLACK」のロゴが彫られていてカッコいいです。笑

SmallRigのロゴは、もう少し角付いたロゴが良かったです。

 

 

背面

f:id:kuropinblog:20210121142052j:plain

こちら側からgoproを入れます。

 

 

底面

f:id:kuropinblog:20210121142119j:plain

gopro標準のマウントと、1/4インチネジ穴もあります。

すぐに付け替えれるので、とても便利です。

 

f:id:kuropinblog:20210121142127j:plain

 

上面

f:id:kuropinblog:20210121142108j:plain

コールドシューと1/4インチネジ穴が有ります。

録画ボタンも問題なく押せます。

赤いロックを外すと背面が開いて、goproを取り付けます。

 

 

f:id:kuropinblog:20210121142136j:plain

 

 

右側面

f:id:kuropinblog:20210121142100j:plain

1/4インチネジ穴×2があります。

その下に電源ボタンが来ますが、問題なく押せそうです。

 

 

左側面

f:id:kuropinblog:20210121142030j:plain

コールドシューと1/4インチネジ穴×2が有ります。

その下の穴から直接充電することも可能です。

 

 

f:id:kuropinblog:20210121145547j:plain

gopro純正の蓋を外してセットする必要がありますが、とても便利です。

 

 

f:id:kuropinblog:20210121142042j:plain

正面左下の突起を押すことで、カバーが開くのでバッテリーやSDの交換も簡単です。

 

 

また、この左側面のカバーは取り外すことも可能です。

f:id:kuropinblog:20210121142144j:plain

背面カバーを開いて 、付属の細いレンチでネジを外します。

 

 

f:id:kuropinblog:20210121142152j:plain

純正のフタをそのまま使いたい場合も、問題ありません。

 

 

Pro 3..5mm マイクアダプターマウント

f:id:kuropinblog:20210121152143j:plain

左側面にマイクアダプターマウントを取り付けた状態。

 

ただこちらにつけると、コールドシューが使えなくなるので、ケーブルが届くなら、右側面に取り付けた方が良いと思います。

 

または、右側面に

こういったコールドシューマウントを取り付けるのもアリだと思います。

 

 

まとめ

見た目もカッコよく、多機能で非常に良い製品です。

 

マイクアダプターを取り外し出来るのもグッドです👍

 

(↓のようにカメラの下に、マイクアダプターを収納するタイプもありますが、ダサい&デカくなってしまう。)

f:id:kuropinblog:20210107124829j:plain

 

また、マイクアダプターが付属しないバージョンもあります。

 

 

少し安く買えるので、マイクアダプターを使わない人にオススメとなっています!

【フローティングビッグDA】新型ジムニーにディスプレイオーディオ ALPINE 11型フローティングビッグDA DAF11V取り付けてみた!

f:id:kuropinblog:20210117151332j:plain

 

どうもクロピンです!

 

今回はアルパインから発売された、11型フローティングビッグDA DAF11Vを、新型ジムニー JB64に取り付けてみました。

 

元々はメーカー純正のAndroid Auto対応オーディオを付けていましたが、アルパインの製品を付けたいと思っていた、かつ理想に近い製品だったので購入してみました。

 

製品ページ↓↓↓

ec.alpine.co.jp

 

 

 

 

主な特徴

11型の大画面

Apple CarPlay & Android Autoに対応

HDMI入力と出力に対応

マイク付属

車種専用壁紙に対応(約240車種)

1DINサイズ

別売りのステアリングリモコンキットでステアリングリモコンに対応

 

といった感じです。

 

HDMI入力対応と、別売りですがステアリングリモコンも使えるのが購入の決め手になりました。

 

 

購入製品

DAF11Vはアルパインストア限定商品です。

又、特設ページ購入シミュレーターから、対応車種であれば取り付けに必要なパーツがセットになった、取り付けキットを購入出来ます。

 

ec.alpine.co.jp

 

今回は楽天市場で、JB64 ジムニー用のパーツが、まとめて購入できるショップが有ったので、そちらで購入しました。

(そちらの方が安かったです。笑) 

 

一応紹介しておきます。

 

 

EFK-026N

フェイスパネルです。

初めから付いている物も使用します。

 

EGB-100

1DINなので空いた所を埋める小物入れです。

モニターで塞がるのでほとんど使えません。笑 

 

EJC-083S

車両側の20Pコネクタと、ナビ付属のケーブルを接続するために使います。

 

EJC-310T

車速信号、バック信号、パーキング信号をナビに接続するコネクターです。

 

EVC-3802

ラジオアンテナを接続するケーブルです。

ナビがついていない場合は、必ず必要ですが、すでについている場合は、配線加工でいけるので、必要ないと思います。

 

KTX-G601R

ステアリングリモコンを使えるようにする為のパーツです。
一応アマゾンの製品ページはありますが、ほぼ売り切れです。
僕はアルパインストアで買いました。
 

 

KTX-HF11

ec.alpine.co.jp

純正のモニター用フィルムです。

アルパインストアでしか買えません。

 

 

配線

 

分かりにくいですが、下図の通り配線していきます。

左がDAF11Vの説明書、右が各種コネクターの説明書です。

左の①等の配線を、右の数字の箇所に接続します。 

 

f:id:kuropinblog:20210116192730j:plain


①・・・EVC-3802のアンテナプラグへ

③・・・EJC-310Tのバック信号Ⓑへ

④・・・EVC-3802のアンテナコントロール

⑤・・・アースへ(EJC-310Tのパーキング信号へ繋いでもよいが走行中映らない)

⑥・・・EJC-083Sのアクセサリー用電源へ

⑧・・・EJC-083Sのバックアップ(メイン)用電源へ

⑨・・・EJC-083Sのアースへ

⑩~⑰・・・各スピーカーへ

⑱・・・バックカメラのRCA

 

EJC-083SとKTX-G601Rの接続

ステアリングスイッチ①とSW1

ステアリングスイッチ①とSW2

ステアリングアースとSWG

 

※必要に応じてギボシ端子等に加工、分岐が必要です。

 

 

f:id:kuropinblog:20210116204648p:plain

すでにバックカメラとETCがついているので、写真のように電源を取る必要がありました。

 

分岐させたい箇所は、エーモンの分岐ハーネスを使って分岐しました。

 

KTX-G601Rの設定

f:id:kuropinblog:20210116204349p:plain

4番と5番を下げます。

かなり小さいのでつまようじ等が必要です。

 

取り付け

もともとついていたパネルと、EFK-026N(フェイスパネル)、EGB-100(1DINポケット)を取り付けます。

 

f:id:kuropinblog:20210117152208p:plain

 

後は各所カプラーを3か所(20P、車速、ラジオ)繋げ、配線に注意しながらナビをもとの位置に戻します。

 

f:id:kuropinblog:20210117152837p:plain

 

 

注意点

この機種は、1DINの本体とモニターを繋がないと画面が映らないので、起動確認が難しいです。

又、「パワープレート」という部品も付けないとモニターが映らないので余計に分かりません。

 

f:id:kuropinblog:20210116212739p:plain

 

取り付け時これに気付かず、電源をいじくりまわしていた所、ヒューズを2つ飛ばしてしまいました。笑

 

飛ばしてしまったのは「18番 15A」「33番 5A」です。

予備のヒューズと交換して事無きをえました。

 

 

f:id:kuropinblog:20210117153002p:plain

 

モニター部を取り付け、パワープレートも取り付けます。

 

f:id:kuropinblog:20210117153530p:plain

モニター横の高さ調整ねじを外して、調整します。

ジムニーの場合は一番下です。

 

 

f:id:kuropinblog:20210117153747p:plain

 

無事起動しました!

 

 

まとめ

18番のヒューズを飛ばした後、どこが悪いのか分からず、三日ほど放置していたため、取り付けに一週間ほどかかってしまいました。笑

 

製品的には満足ですが、欲を言えば2DINでDVDが見れたら完璧だったと思います。

 

初めてまともにオーディオの取り付けをしてみましたが、楽しかったので皆さんもチャレンジしてみてください!

GoProをアルカスイス化するためのアクセサリー2選! peakdesign POV-2とsmallrig 2668

f:id:kuropinblog:20210106001530j:plain

 

どうもクロピンです!

 

goproを買って毎日楽しく撮影しています。

 

購入した記事はこちら↓↓↓

kuropin.hatenablog.com

 

僕はgopro以外にもカメラを使っており、全てアルカスイスで統一しています。

(正確にはアルカスイス互換ですが...)

 

そこでgoproもアルカスイス化したいと思い、色々調べた結果、使えそうな製品を2種類購入したので、紹介したいと思います。

 

 

 

peakdesign P.O.V.キット POV-2

 
一つ目はピークデザインの「P.O.V.キット POV-2」です。
 

f:id:kuropinblog:20210115214139j:plain

 
本来は同じピークデザインの「キャプチャー」という製品と組み合わせて、撮影するための製品です。
 
 

f:id:kuropinblog:20210115214205j:plain

 

その製品の中の、このパーツを使います。

このパーツがアルカスイス互換になっています。
 
 

f:id:kuropinblog:20210115214234j:plain

 

取り付けてみました。

簡易的なスタンド代わりにもなって便利です。

 

 

f:id:kuropinblog:20210115214245j:plain

 

アルカスイス互換のクイックリリースクランプに取り付けてみました。

しっかりと固定出来ています。

 

 

ちなみにこのクランプと使用している三脚はこちらです。↓↓↓

 

 

しかしこの方法だと、違うマウントに付け替える時に、「いちいちネジを外して付け替えないといけないので面倒くさい」「マウントバックルは常につけておきたい」と言う人もいるかもしれません。

f:id:kuropinblog:20210115214256j:plain

マウントバックル

そんな人におすすめなのが、smallrigの「アルカ規格GoProプレート 2668」です。

smallrig アルカ規格GoProプレート 2668

 

 

f:id:kuropinblog:20210115214310j:plain

 

下部がアルカスイス互換、上部がgoproのマウントバックルを取り付け出来る様になっています。

 

 

f:id:kuropinblog:20210115214322j:plain

マウントバックル+プレートの状態。

この状態で、アルカスイス互換のクイックリリースクランプに取り付け可能です。

 

 

f:id:kuropinblog:20210115214333j:plain

 

先程と同じクイックリリースクランプに取り付けてみました。

こちらも問題なく固定出来ています。

 

 

まとめ

今回は2種類の、goproをアルカスイス化する製品を紹介しました。

この2種類は、マウントバックルが有りか無しかの状態で、どちらを付けるか変わって来ると思います。

(マウントバックル無し・・・ピークデザイン、マウントバックル有り・・・スモールリグ)

自分がどの状態でアルカスイス化したいか、よく検討して選んでもらえたら幸いです!

【携帯料金値下げ】ついに出揃った2980円プラン!各社の特徴を比較する。

f:id:kuropinblog:20210113135542p:plain

 

どうもクロピンです!

 

auが「povo」を発表し、ついに大手3社(+楽天)の「2980円」プランが出揃いました。

 

と言うわけで、各社の特長と比較をやっていきたいと思います!

 

 

ベースは2980円で20GB+5分通話かけ放題(楽天除く)

基本的に大手3社のプランは全て、20GB+5分通話かけ放題で2980円です。

 

各社、ややこしい割引など一切なしのシンプルなプランになっています。

 

では何が違うのか。

各社の特徴を見ていきましょう。

 

 

ahamo(docomo

ahamoの特徴は海外に強いという点です。

月20GBは、世界82の国と地域でも利用できます。

 

...正直弱いです。笑

 

一番初めに発表したのもあると思いますが、海外に行きまくる人じゃないとその恩恵が受けられないので、少し残念だと思います。

 

 

povo(au

povoは、他社と少し違い、20GB 2480円+5分かけ放題オプション 500円で、2980円となります。

 

電話をほぼかけないユーザーは、5分無料もいらないので、500円お得になります。

 

また、200円で24時間データ使い放題のオプションも用意されています。

 

旅行や出かける時に、wifiがないので今日だけ使い放題にする」と言ったことが可能です。

 

悪い点としては、完全かけ放題オプションの追加料金が高い点です。

 

ドコモ、ソフトバンクは1000円なのに対し、auは1500円と,、500円高くなっています。

 

完全かけ放題を契約したいユーザーにはオススメ出来ません。

 

 

SoftBank on LINE(softbank

SoftBank on LINEの特徴は、LINEギガノーカウントとなっています。

 

月20GBの内、LINEがデータ容量を消費せずに使い放題になります。

※一部例外有

 

これはかなり現代のニーズにあったプランになっていると思います。

 

 

Rakuten Mobile(楽天

こちらは大手3社と違い、データ、通話共に使い放題です。

 

これだけ聞くと、最強に聞こえますが、デメリットはまだエリアが狭い所です。

 

2021年1月現在、かなり広がってきてはいますが、まだauエリアを借りているところも多いです。

auエリア内では月5GBまで

 

また通話をかける場合、専用アプリを使わないとかけ放題になりません

 

着信履歴からそのままかけてしまうと、通話料をとられるので注意が必要です。

 

 

まとめ

今回は簡単に、特徴とデメリットをまとめてみました。

 

各社ほぼ同じ料金、サービスの「携帯料金戦国時代」となってきましたが、少しずつ良い点、悪い点があるのでよく検討して、自分に合ったプランを選んで下さい!

【20GB 2480円】auが新料金プラン「povo」を発表! 安い!・・・と思ったらよそと同じでした。

f:id:kuropinblog:20210113104939j:plain

 

どうもクロピンです!

 

ドコモやソフトバンクが、「20GB 2980円」プランを発表し、それに続いてauが新料金プラン「povo」を発表しました。

 

その価格、なんと「20GB 2480円」!!

 

「ドコモやソフトバンクより安い!」と思いましたが、よく見てみるとベースは同じだったので紹介していきたいと思います。

 

 

2480円は通話オプション無しの値段

ドコモやソフトバンク「5分通話かけ放題」が付いて2980円です。

「povo」は付いていません。

 

しかし「povo」は「追加トッピング」という形で、いろんなオプションを追加できます。

そのなかに「5分通話かけ放題」もあります。

 

その価格「月額500円」

 

つまり、2480円+500円=2980円

 

「一緒やんけ!」

 

はい。auお得意の最安値アピールです。笑

 

しかも完全かけ放題に至っては「月額1500円」とドコモやソフトバンクより500円高です。

※ドコモ、ソフトバンク1000円

 

通話をたくさんするユーザーにはオススメできないプランになっています。

 

しかし、良い所もあるので紹介したいと思います。

 

+200円で24時間データ使い放題

さきほど述べた「追加トッピング」の一つに、200円で24時間データ使い放題があります。

 

おそらく専用サイトで申し込み出来ると思われますが、これは非常に便利だと思います。

 

旅行や遊びに行く時に追加しておけば、外でも使い放題です。

 

ドコモやソフトバンクには無い良いオプションです。

 

 

まとめ

今回の「povo」、僕的には中途半端だと思いました。

 

理由としては

・最安値をうたっているが実質同じ(2980円)

・完全かけ放題に至っては他社より高い

・+200円で24時間使い放題は便利

といった感じでしょうか。

 

しかしながら、通話をあまりしないauユーザーにとってはかなり安いプランにはなっていると思います。

他社から乗り換えるのややこしいですからね...

 

「24時間データ使い放題」がどうしても使いたいユーザーは、乗り換えもありだと思います!

【2021年ホリデーセール】37800円で購入! ホリデーセールでGoPro HERO9を買ってみたので紹介

f:id:kuropinblog:20210106001530j:plain

 

どうもクロピンです!

 

今回は年末年始のホリデーセールで、ついにGoProを買いました!

 

タイトルにもありますが、かなり安く購入出来たと思うので、紹介してみたいと思います。

 

 

 

購入価格

年末年始のホリデーセールにて、「HERO9 バンドル+サブスクリプションのセットを購入しました。

 

こちらは、HERO9とアクセサリーセット(37800円)+1年間のサブスクリプション(6000円)でした。

 

サブスクリプションとは

 月額500円or年間6000円で様々な特典を受けることが出来ます。

 特典内容は

 

 ①無制限のクラウドストレージ

  GoProで撮影したものを無制限でクラウドに保存できます。

 

 ②カメラの交換保証

  カメラが壊れても年二回、交換手数料のみで新品に交換してくれます。

 

 ③アクセサリーの割引

  GoPro公式サイトで購入する場合、30~50%の会員価格で購入できます。

 

 本体購入と同時に加入することで、本体価格がかなり安くなるので、加入するのがベストだと思います。

 (いつでも解約可能です。)

 

↑↑↑このようにAmazonだと本体のみで五万円以上します

 

 

セット内容

本体 

f:id:kuropinblog:20210106004429p:plain

フロントモニターで自撮りが出来る様になったのが、購入を決めたポイントです。

又、レンズも交換できるのがいいですね!

(広角レンズや傷がいってもOK)

 

バッテリー

f:id:kuropinblog:20210106102736j:plain

 通常は一個しか付いてきませんが、もう一つ付いてきます。

 

microSDカード

f:id:kuropinblog:20210106103128j:plain

サンディスクのエクストリーム、32GBが付いてきます。 

 

USB-Cケーブル

f:id:kuropinblog:20210106104442j:plain

約50cmのUSB-Cケーブルです。

GoProのロゴ入りでいい感じです。  

 

カメラケース

f:id:kuropinblog:20210106004754p:plain

セミハードケースといった感じです。

本体とアクセサリー類がすべて収まっていました。

 

フローティングハンドグリップ

f:id:kuropinblog:20210106103948j:plain

水に浮くグリップ。

ストラップ付きです。 

 

マグネット付きスイベルクリップ

f:id:kuropinblog:20210106101947j:plain

裏面にマグネットが付いています。

台座は回転可能なのでいろんな所に取り付け可能です。

 

粘着性ベースマウント(曲面)

f:id:kuropinblog:20210106102745j:plain

曲面に取り付け可能なベースマウントです。

3Mの両面テープが付いています。

 

マウント用バックル

f:id:kuropinblog:20210106102753j:plain

本体とマウントを繋ぐバックルです。

首の長い物と短い物が二種類入ってました。

 

ねじ二本

f:id:kuropinblog:20210106102801j:plain

標準の長さのねじ二本です。

 

 

まとめ

これだけの製品が付属して37800円は非常にお得です!

この記事を書いている現在は、少し値段が上がっていますが、またいずれセールがあると思いますので、狙って購入してみてください!