GoProをアルカスイス化するためのアクセサリー2選! peakdesign POV-2とsmallrig 2668

f:id:kuropinblog:20210106001530j:plain

 

どうもクロピンです!

 

goproを買って毎日楽しく撮影しています。

 

購入した記事はこちら↓↓↓

kuropin.hatenablog.com

 

僕はgopro以外にもカメラを使っており、全てアルカスイスで統一しています。

(正確にはアルカスイス互換ですが...)

 

そこでgoproもアルカスイス化したいと思い、色々調べた結果、使えそうな製品を2種類購入したので、紹介したいと思います。

 

 

 

peakdesign P.O.V.キット POV-2

 
一つ目はピークデザインの「P.O.V.キット POV-2」です。
 

f:id:kuropinblog:20210115214139j:plain

 
本来は同じピークデザインの「キャプチャー」という製品と組み合わせて、撮影するための製品です。
 
 

f:id:kuropinblog:20210115214205j:plain

 

その製品の中の、このパーツを使います。

このパーツがアルカスイス互換になっています。
 
 

f:id:kuropinblog:20210115214234j:plain

 

取り付けてみました。

簡易的なスタンド代わりにもなって便利です。

 

 

f:id:kuropinblog:20210115214245j:plain

 

アルカスイス互換のクイックリリースクランプに取り付けてみました。

しっかりと固定出来ています。

 

 

ちなみにこのクランプと使用している三脚はこちらです。↓↓↓

 

 

しかしこの方法だと、違うマウントに付け替える時に、「いちいちネジを外して付け替えないといけないので面倒くさい」「マウントバックルは常につけておきたい」と言う人もいるかもしれません。

f:id:kuropinblog:20210115214256j:plain

マウントバックル

そんな人におすすめなのが、smallrigの「アルカ規格GoProプレート 2668」です。

smallrig アルカ規格GoProプレート 2668

 

 

f:id:kuropinblog:20210115214310j:plain

 

下部がアルカスイス互換、上部がgoproのマウントバックルを取り付け出来る様になっています。

 

 

f:id:kuropinblog:20210115214322j:plain

マウントバックル+プレートの状態。

この状態で、アルカスイス互換のクイックリリースクランプに取り付け可能です。

 

 

f:id:kuropinblog:20210115214333j:plain

 

先程と同じクイックリリースクランプに取り付けてみました。

こちらも問題なく固定出来ています。

 

 

まとめ

今回は2種類の、goproをアルカスイス化する製品を紹介しました。

この2種類は、マウントバックルが有りか無しかの状態で、どちらを付けるか変わって来ると思います。

(マウントバックル無し・・・ピークデザイン、マウントバックル有り・・・スモールリグ)

自分がどの状態でアルカスイス化したいか、よく検討して選んでもらえたら幸いです!